タイ・ バンコク 食事処

タイTOPに戻る

ガイドブックにはあまり載っていないような、バンコク(主にはシーロムエリア)での好きな食事処をいくつかご紹介したいと思います。

※目安となる価格も記載しています。ソフトドリンク1杯程度飲んだ場合の料金です。

クチコミ

■タイ料理

・Banana Leaf 【 昼・夜:300B 】

照明が明るすぎて雰囲気もへったくれもないけど、値段そこそこで美味しく、いつ行ってもローカルのタイ人で賑わっている。シーロムコンプレックス地下1階という場所 もとても便利。プーパッポンカレー、サテー、ヤム、スープ(トムカーガイ、トムヤンクン)、何を食べても美味い。ランチ〜夜まで通しで営業しているのも嬉しい。但し、夜の閉店時刻は早め (PM9時まで)なので注意の事。
 

BUA 【 昼:--- / 夜:300B 】

コンベント通り (カルフォルニア・フィットネスの横の道)。日本風料理のZEN、スタバの並びにあるタイ料理。場所柄カマ濃度が濃く(中華カマが多い)。タイ料理屋なのに、なぜか視線ビームと微笑がビシバシ飛び交う変な店。繁華街なので観光客向けの味付けかと思いきやそんな事は無く、しっかりとしたローカル味付けのタイ料理が食べれる。メニューも写真付き&英語表記ありなので注文もし易い。営業時間が夜11時までと遅めなので、使い勝手も良い。雰囲気・値段・味、バランスのとれた良いお店。
 

・MK金 【 昼:--- / 夜:400B 】

サラデェン通りの旧アンナズカフェが「MK金」になっています。ゆったりとした雰囲気の良い一軒屋レストランで、タイ旅行の必須フード・タイスキを食べれます。若いスタッフはサービスも丁寧で心地良いです。親切なふりしながら、片言の日本語で高いメニューだけをすすめてくる、コカレストラン・スリウォン店のクソ婆のサービスとは大違い!(個人的には味はコカ派なんですけどね)。タイスキだけで無く、タイフードのメニューもあります(味は観光客向けにかなりマイルド系だけど)。

・Lek Sea Food 【 昼:--- / 夜:250B 】

ローカルなシーフード ・タイレストラン。BTSチョンノンシー駅の目の前(サウナマニア側)。半オープンエアーですが冷房部屋も少しあり。夕飯時となればローカルのタイ人で満杯。メニューには英語表記もあるので、タイ語できなくても大丈夫。雰囲気は気にしないので、安くて美味いシーフードをたらふく食べたいという方におすすめ。 但しタイ人も騒ぎ出すほどの辛さなんで、マイルド系タイ料理が好きな人は避けたほうが無難。ここは、私とタイ彼のメインダイニングです♪

・Dick Cafe 【 昼:--- / 夜:250B 】

Boys GoGo Barの立ち並ぶ ソイ・トワイライトのど真ん中、DreamBoyの真ん前にあるGayCafe。場所柄馬鹿にしがちですが、ここのタイ料理 と バーガー類 けっこういけるんです。お値段も手ごろですし、深夜1時すぎまで食事ができるのもポイント高い。一人飯にも使えます。

・Tip Top  【 昼:--- / 夜:400B 】

ここは味とか雰囲気というおすすめでは無く、営業時間とパッポンのど真ん中という立地からのご紹介。一般のレストランが閉まってしまった深夜タイムでも、普通のタイ料理が、そこそこの値段で食べれます。深夜到着便でバンコクに着いて、まずはここで腹ごしらえしてから夜の街に繰り出すという使い方かな。数年前の改装でお店も綺麗になっています。

・Larb Lang Suan(ラープ・ランスアン)【 昼・夜:200B / 土日休み 11:00〜21:00 】

イサーン(東北)料理。場所はフォーシーズンホテル横の「Soi Mahatlek lunang1(マハーレック・ルアン)」の突き当たりの人だけが進める小道を直進 → 道なりに右折した一番奥(地図)。BTS・ラチャダムリ駅から徒歩7、8分。都心のど真ん中に残る庶民エリア内の、絶対にこんな場所こなだろぉ〜っていう感じの、あり得ない場所にあります。でも、ランチ時や夕飯時にはローカルの方々で大人気。おすすめは何といっても名物の「ガイヤーン」大きな鶏に、むしゃぶりつい下さい(冷房無し)。
 

Jim Thompson Saladaeng Cafe(ジムトンプソン・サラデーンカフェ)【 昼・夜:500B 11:00〜23:00  】

タイシルクで有名な、ジムトンプソン直営のカフェ、バンコク市内だけでなく、アジア各国(日本にも)数店のレストランがありますが、シーロム界隈にもその店舗があります。場所は「Saladaeng Soi 1」、Saladaeng通りの限りなくサトーン寄りの横に入ったところにあります。BTSの駅から歩くと10分くらいとちと距離があります。
このお店の使い方としては、一般レストランのランチタイムが終わってしまって、食事処に困った時  や 落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと午後のお茶を楽しみたい時に重宝します。お値段はちと高めですが、それに見合った、料理とサービスを提供してくれます。バンコク市内には、ここ以外にも、ジムトンプソン宅、伊勢丹1階にも支店があります。



■イタリアン

VICOLO 4 ITALIAN RESTAURANT & PIZZERIA  【 昼:-- / 夜:500B〜1000B 】

シーロムソイ4にある超隠れ家イタリアン、こんな意外な場所でバンコク最高峰の激うまピザが食べれる。
なぜに隠れ家かっていうと一階は別の店w。ソイ4に入って左手にある「BAR BAR」の店内を突っ切って、一番奥に入口があり2階が小さな小さな店舗。で、この店のおすすめはピザとリゾット、デザート類(特にティラミス)。薄生地でクリスピーなピザは何を食べても美味し くチーズの使い方が絶妙(お気に入りは P16:Pizza Formaggi )。前菜系(A2:牛カルパッチョ等)と、ゴルゴンゾーラ・リゾットもけっこういける。パスタはバンコク平均レベル。 メインはイマイチなんであえて食べる必要は無い。お値段は決して安くは無いけど盛りがかなり大きめなんで、数人で行って「前菜+ピザ+リゾット+デザート(各1品」 をシェアすれば充分楽しめるお店です。ワインが高いバンコク、ここのハウスワインは赤・白ともにチーズ系料理と良く合う美味しさ。コストパフォーマンス良好です。

il cielo(イル チエロ)「 Dusit Thani ホテル内」 【 昼:600B / 夜:??? 】 

夜はお高くて行けないんですが、ランチは500B++レベル。5☆ホテルのレストランでこの値段は安い。前菜ブッフェ+メインコースのチョイス(+デザート) メインは選ぶメニューによって当り外れがあるけど(肉系はあたりが多い、パスタは避けたほうが無難)、前菜ブッフェの満足感が高いので、結果トータル満足度も高くなるかな。服装もラフでOK。

 

SCOOZI(スクージ)   【 昼:-- / 夜:500B 】

バンコク市内に数軒の店を構えるファミレス系イタリアン。便利なのはスリウォン店。ここは同じ場所に「メニュー・価格体系」の異なった2軒の店になっていて、奥まった一軒屋「SCOOZI HOUSE」は、お値段高め・フルメニュー。通りに面した「SCOOZI PIZZA」は、ピザ・パスタ・サラダくらいのメニューでお値段も安め。もちろん良く行くのはカジュアルラインの「SCOOZI PIZZA」のほう。ピザは何を食べてもそこそこ美味しく、一番好きなのはサーモンのピザ。カリカリ生地の上にスモークサーモンがたんまりのっててウマウマです♪夜でも気軽に行けて、服装もカジュアルでOK。


■フレンチ

Le Pre Grill(ル・プレ・グリル)    【 昼:400B / 夜:800B 】

バンコクいちのお洒落レストランストリート。ランスアンのソイ4にある一軒屋レストラン。
家庭的な雰囲気の漂う小さなお店で、気取らずにプラっと行ける感じ。夜でもそんなには高くない(680B++)けど、おすすめはランチセット。300B++で、前菜+メイン+デザートと楽しめます。料理だけで無く、パンも美味しく、シーロムエリアからのアクセスも良いので友達が来た時には、良く行きます。今サイトみてたら、Sukhumvit33にも支店出したみたいなので、宿泊ホテルによってはこちらもいいかも。

D'Sens(デ・サンス)「 Dusit Thani ホテル内」 【 昼:1000B / 夜:??? 】

本国フランス・2☆レストラン「Le Jardin des Sens」のオーナー双子兄弟シェフのプロデュース店。5感を刺激するというそのすごさを、バンコクでも如何なく発揮♪ 味、盛り付け、サービス...etc 全てにおいてお姫様気分で食事が楽しめます。で、例のごとく夜は怖くて近づけませんが、平日のビジネスランチであれば700B++という価格なので、なんとか行けます。ホテルの22階にあるので、景色もGOOD!。服装はスマートカジュアルで。


■ラーメン

・もっこりラーメン・シーロム店 【 昼・夜:150B 】

何故タイでラーメン!?? 最近多いんです。日本のラーメン屋。その中で一押しがここ。
お値段リーズナブル、味はもちろんの事、量も普通盛りでも大盛り、おなか一杯になります。で、ここのチャーシューは絶品。日本でもあれ程、肉厚でジューシーなチャーシューは、そうそうありません。さらに、丼ものもイケる。ブタキムチ丼、レバニラ丼。美味しいです。ちなみに・・・トンローに本店があるのですが、同じ系列なのに本店は味がイマイチ。断然シーロム店がおすすめ。場所は ソイ・タワン(GOGOバーのタワンのある通り)→ コカレストランの角を右折して100m先の左側。


■その他

Souvlaki    【 昼:200B / 夜:400B 】

ギリシャ料理。場所は・・・シーロム・ソイ4w はい。あのTelephoneの隣です。まぁこんな場所ですしと思って表敬訪問したら、意外や意外。美味しいのギリシャ料理。ケバブ、オリーブオイルを使ったサラダ、サワークリーム、揚げピタ(?)、フレンチポテト...てな感じ。 いろいろセットになっているプレート系が断然おすすめ(味&コストパフォーマンスの両面から)。 一押しは前菜欄に写真つき載っている盛り合わせプレート。 これに焼き物プレートを追加で頼めば、2・3人ならば充分お腹いっぱいになります。 単品は日本人のクチに合わないモノが多い。

・Beirut Restaurant  【 昼:--- / 夜:300B 】

レバノン料理。これまた珍しいですね。タイは世界中の食べ物が食べれるので本当に面白いです。今まで結構な人数の友達を連れて行ったけど、皆「へぇ〜〜初めてぇ〜〜美味しいかも」という感想だったので、日本人の口には合うと思います(タイ人はほぼ無理でしょうがw)。基本的にはピタにペーストを塗って、肉と野菜を包んで、パクッ!という感じ。代表メニュー(肉・ペースト・野菜)がセットになっているのがあるので、人数にあわせて、このセットを選べば宜しいかと。場所は、シーロム通りぞい「J-City」1階の左奥。奥まっているので、一瞬わかり難いですが、ビルの入口にKFCがあるので、それを目印にして下さい。 ナイスガイのオーナー兄貴があなたを待ってます!
 

アフタヌーンティー

数年前までは、高級ホテルでもお安くアフタヌーンティーが楽しめたので、良く利用していましたが、最近は値上げにつぐ値上げ・・・残念ながら以前ほどのお得感は無くなっちゃいました。まぁそれでも日本よりは安いかもですが・・・という事で、特徴的なお店をいくつか紹介します。

 

Erawan Tearoom    【14:30〜18:00/199B++】

隣にある「Erawan Grand Hyatt Hotel」直営の喫茶店。メニューはタイ&洋のコンビネーション(写真右)でボリュームも満点。雰囲気はカジュアル。サービスはイマイチ。場所はエラワンの交差点、BTS・ChitLom駅直結ビルと超便利。味も悪くなく、なんといっても驚くべきはこの価格。コストパフォーマンス最高です♪物価上昇を続けるバンコク。いつまでもこういったお得な価格で頑張ってもらいたいです。服装もラフでOK。

Four Seasons Bangkok    【14:00〜18:00/月〜金700B++、土・日(ブッフェ)800B++】

英国トラディッショナルスタイルの3段重ねティースタンドでサーブされる彩とりどりのスィーツやサンドウィッチ。お味もさる事ながら、弦楽器の生演奏を聴きながら過ごせるこの時間に、さすがは「Four Seasons」と唸らせてくれると思います。スマートカジュアルで。

The Sukhothai    【金・土・日のみ 14:30〜18:00/790B++】

カマに大人気の5☆ホテル。普通のアフタヌーンティもありますが、特徴的なのはこちら。スイス人ショコラティエが作り出すチョコレートを一度に堪能できる「チョコレートビュッフェ」。チョコムース、チョコプディング、チョコアイス、エクレア、マカロン...etc、チョコ好きには堪らないです。まじこれ。その中でもいちおしは好みのチョコをブレンドして溶かしてつくってもらうホットチョコ。そのまま飲んでも美味しいし、フルーツと組み合わせて、チョコフォンデュのようにも楽しめます。箸休め?スプーン休め?の軽食(サンドウィッチ、カルフォルニアロール、フルーツ)も充実してます。スマートカジュアルで。

Dusit Thani  【450B++】

予算は抑え目にしたいけれど、高級ホテルでアフタヌーンティーしたい!という方へのおすすめは デュシタニ。他のホテルが軒並み1000B近くまで値上げする中。450B++というお得な料金で、ゆっくりとしたひと時を楽しめます。ラウンジの大きな窓からは緑あふれる中庭が望めるのもGOOD。シーロムという立地、服装もラフ気味でOKなので、行動予定にも組み入れやすいです。


・他の高級ホテルでも、たいがいアフタヌーンティーをやっています。有名なのは「オリエンタル 12:00〜18:00/950B++」、「ペニンシュラ 14:00〜18:00/880B++ 」、「シャングリラ 14:00〜18:00/650B++ 」、「プラザアテネ 14:00〜17:00/一人用550B++、二人用680B++ 」あたりかな。

・川沿いホテルまでの移動時間をかけたくない、買い物のついで程度にという場合は、サイアムパラゴンの中にある オリエンタル or ペニンシュラ 直営のカフェでも楽しめます。但し、ショッピングセンター内なので、雰囲気はかなり雑踏としています(特に入口近くにあるオリエンタルは横を通る人と目が合う距離感)。ホテルよりもボリューム&ゆったり感が下がる分、値段も安めとなっています。
 

お洒落Bar

バンコクには雰囲気の良い素敵なバーが沢山あります。観光利用を中心に紹介したいと思います。



The Dome at State Tower  【 動画

世界で最も高層階の開放型レストラン&バー。専用の高速エレベーターで昇った先は・・・63階。ここからみるバンコクの夜景は本当にすごい(写真左)。一度は行ってみる価値があります。カクテル1杯350B〜、レストランもかな〜り良いお値段。ランチでも1000B〜 夜は3000Bは軽く突破、景色代かしらん。屋外レストランの「SIROCCO」は昼夜を問わず激混みなので予約必須。スマートカジュアルも必須。サンダル履きではエレベータで上に昇ることさえ許されませんw

Moon Bar / Vertigo 【 Banyan Tree 】 

超高級ホテル「Banyan Tree」の屋上・61階にあるダイニングバー。「DOME」と比べると、こちらの方が狭いので360度の景色を見渡せます(写真真ん中)。また基本的には椅子ありなので、夜風にふかれながら、ゆっくりお酒を楽しめるのもポイントUP。スマートカジュアルですが「DOME」と違って断るのでは無く、ドレスコードにあった衣装もその場でケア(無料レンタル)してくれるので、急な訪問も安心(はい。いつもサンダル履きで行って革靴かりるのは私ですw)。

ThreeSixty 【 Millennium Hilton 】

バンコクのこれ系(どれ系?)バーの中で、一番好きなところ。チャオプラヤ川の向こう側なので、行くのは面倒臭いですが、BTSのサバンタクシン駅からの渡し舟に乗れば、観光気分でホテルまで到着。市内中心部からちょっと離れている分、遠巻きに夜景を眺められます。そしてここまで来る観光客は少ないので、大きなソファーにデンと座って、本当にのんびりとできるんです。屋外型では無いですが、天井まである大きな窓からはバンコクの夜景を遠巻きに眺められます(写真右)。そそ、もしこのホテルに滞在される場合は、是非、クラブフロアにして下さい。このThreeSixtyの一階下がクラブラウンジになっていて、滞在中自由に利用できます。