タイ・ バンコク ホテル選び

タイTOP に戻る

安め / 中級 / 高級 / 超高級 / サービスアパート / ゲイホテル   

エリア

バンコク市内は BTS(スカイトレイン・高架電車)、MRT(地下鉄)2つの電車路線があり、駅の近くのホテルだと移動に時間がとられません。タクシー料金はかなり安く気軽に乗れるのですが、バンコク市内の日中時間帯の渋滞はかなりのもの。特に朝夕のラッシュ時間帯や雨が降り出すと、道路が車であふれ乗車拒否も増え、タクシーは使い物になりません。交通量の少ない土日や深夜時間帯 。近距離の移動であれば、タクシーも利用価値大。
市内の殆どの地域は、夜の一人歩きも大丈夫なレベルなので、治安面からの立地はあまり気にする必要は無いです。

■Silom(シーロム) ★やっぱりお勧め

バンコクのゲイタウン。クラブ、マッサージ、サウナ、GOGOバー、買い物、食事 と何をするにも断然便利。
BTS・MRTどちらの路線も使えるので、バンコク市内の移動も楽チン。
どのエリアにするか迷ったら、このエリアに宿泊しておけばまず安心♪

■Sathorn(サトーン)
 ★ホテルまったり滞在派にお勧め

雰囲気の良い高級ホテルやサービスアパートが数多くあり、シーロムまでのアクセスも良好で便利。

■川沿い 
 ★雰囲気 重視派にお勧め

有名な高級ホテルが数軒あり、チャオプラヤ河を部屋から眺められ、旅情気分がUP! 川の向こう側のホテルでも、BTS・サバーンタクシン駅までの渡し舟を使うと、移動もそんなには苦にならない。

■Siam(サイアム)【 チットロム・プルンチット・ランスアン 】

バンコクいちの買い物エリア。 ゲイエリアでは無いけど、BTS駅まで近いので移動は楽。
ゲイ遊びはそこそこ、とにかく昼も夜も買い物したい派には便利なエリア。良いホテルも数軒ある。

■Sukhumvit(スクンビット)【 ナナ、アソーク、トンロー 】

日本人一般観光客&駐在員に人気。ゲイマッサージ施設が数軒あるが、基本的にはノンケエリア。
スクンビット通りは渋滞が酷いので、駅に近いホテルであれば、選択肢に入ってくる。

■Saphan Khwai(サバンクワーイ)

一般的な日本人旅行者には無関係なバンコクの下町エリア・・・しか〜し、ローカルゲイ施設(サウナ、マッサージ、場末のGOGOバー、ハッテン映画館)と、実は 面白かったりもする。安宿が多く、ローカル系が好きな人にはたまらない場所。アパートが安めなので、住んでいる若い子も多く、ゲイ濃度が濃いのもこのエリアの特徴。屋台飯食べてても、買い物してても、カマをみかけない事はまずないでしょう。

■プラトゥーナム

大きな市場を中心としたエリア。年中渋滞しており、駅までの距離も微妙にあるので、中心部だけど移動は不便。
アフリカ・アラブからの買出し組や、中華系旅行者が多く、街の雰囲気は偏った多国籍。
買い物好きな人は一度は訪れるべき場所だけど、観光客があえてこのエリアに滞在する必要性は少ない。
ホテル料金が安めなので、このエリアのホテル利用パッケージツアーが多いので要注意。

■ChinaTown(チャイナタウン)

ここはタイ?中国? バンコクでも一種独特の街。フケ専GSMサウナ や コストパフォーマンスの良い中華レストランがあるが、それ以外は特に用事の無いエリアなので、目的のある人以外、このエリアへの滞在はお勧めしない。

■Kaosan(カオサン)

バックパッカーの聖地と名高いエリア。一般旅行者向けのホテルは無く、基本的には安宿街。
物価が安く、街歩きは楽しいので、観光で訪れるのも楽しい。
 

宿の種類

世界中から旅行者が集まる街バンコク。数百円のドミトリー から 数万円の超高級ホテルまで幅広いホテルがある。

■Hotel

〜5000円:格安ホテル 不便な立地 or 古い or 狭い or サービス悪い 等、なにかしらの割り切りが必要。
      しかし、使い方次第では、コストパフォーマンスにはすぐれている。
5000円〜10000円:中級ホテル 最も選択肢の多い価格ゾーン どこもそこそこのレベルは保っている。
10000円〜20000円:高級ホテル 優雅なホテルライフを望むなら、これくらいのランクに泊まると良い。  
20000円〜:超高級ホテル 施設、サービス どちらの面でも豪華で快適な滞在ができるでしょう。

サービスアパート(SA)

長期滞在者向けの コンドミニアムだが、短期滞在のホテル利用も可能、多くのタイリピーターが愛用している。

ホテル同様、幅広い価格帯が揃っているが、同じ価格帯のホテルと比べると、サービス面を省く代わりに、部屋が広く、キッチンや洗濯機が備え付けられており、施設としても、ジムやプールがある等、ホテルと比べても遜色 の無い滞在ができる。多くのホテルで導入されている「ジョイナーフィー(JF)連れ込み料金」が必要無い施設が多く、現地っ子を気軽に部屋につれてこれる点も、大きなメリットの一つとなっている。
またタイ式ハンドシャワー付きの施設も多く、穴洗浄が気軽にできるという点からもカマに人気がある。

バンコクでの滞在って、ホテルライフを満喫というよりも、マッサージやサウナ、夜遊びとアクティブに過ごす事が多いと思うので、過剰なサービスを省いて、その分、快適な部屋に滞在する。というのはあっている気がします。
 

ゲイホテル

ゲイ旅行者が多いタイには、バンコク市内だけでも数軒のゲイホテルがありどこも比較的リーズナブルな価格設定。
また、ゲイサウナとして有名なバビロンにも併設の宿泊施設がある。

ここ数年でバンコク市内には、数限りない程の、ホテルやサービスアパート(SA)がオープンしました。
詳細ページでは、ゲイエリアであるシーロムへのアクセスの良い施設を中心に紹介します。

ホテル予約サイト

Agoda  

取り扱い件数は業界TOPクラスで値段もまずまず
ここを基準に他サイトと比較してから予約がおすすめ

Hotel Club   Hotel Club

リアルタイム空室予約が便利。さら〜に、宿泊まで20日をきった直前予約 「Rates To Go」もチェック! 

楽天トラベル 

お安い価格とサイトの使いやすさが人気
直前までキャンセル無料のホテルが多いのも気楽!

Agoda  

アジアの割引ホテル専門のオンライン旅行会社

JTB   

JTBブランドの安心感と価格のバランス
ネット上で空室紹介 → 決済 までできて直前予約にも便利です

オクトパストラベル 

バンコク、チェンマイ、プーケット 各地のホテルが割安に予約できます

アップルワールド

複数の代理店の価格をチェックでき、オンラインで予約→決済→クーポンの受け取りまで、できちゃう便利サイト  クチコミが充実!