シンガポール・プール情報                    シンガTOP に戻る

  Pool


投稿者:かず 投稿日:2007/12/09(Sun) 14:41


セントーサ、イーストコースとあたりのビーチもありますが、明確にゲイビーチというわけでもなく、中途半端な立地ですので、シンガのオススメは独断と偏見で公共プールで間違いありません!どこでも50M級完備ですし、人が比較的少なめなので、ゆっくりと時間が過ぎるコロニアルな雰囲気を味わえます。(ちとお安いですけど・・・)

ノンケ時代に初めてナンパされたのも、今はなき旧ニューオータニ前にあったプールだったなぁ〜。経験上、良い出会いがあると思いますよ。

[共通基本情報]

営業:常夏のシンガ、基本年中無休(定休日不明)
料金:1.3SGD(コインロッカーが20Cなので硬貨を1枚持参するとスマートです。)

1.Redhill Pool Complex(★★☆☆☆)
  場所:Redhill(EW18)駅下車すぐ

  レポ:2007年3月

  ここ、結構その手の方面では有名ですが、自分が行った時は、人(特に子供と老人)が多く、造りも狭いし落ち着けない
  雰囲気だったので、いまいちかなぁ〜。
  
 2.Buona Vista Pool Complex(★★★☆☆)
  場所:Buona Vista駅(EW21)からも歩けますが、Holland Village近くの団地群の一角にあります。

  レポ:2007年3月

  アクセスがちょっと悪いのですが、人が少なめなのでゆっくりでき、客層も比較的良い気がします。

 3.Bedok Pool Complex(★★★★☆)
  場所:Bedok(EW5)駅下車、徒歩10分程度

  レポ:2007年3月

  空港から電車で市内に向かう場合、右側に見えると思います、Bedok駅を降りて線路沿いにTanah Merah方面に
  徒歩10分程度です。

  ロッカールームは隠微だし、ここも人が少なめなのでゆっくりできます。ちょっと不便のようですが、ここで極上の子を
  捕まえたこともあるので、覗いてみる価値はあると思います。

4.Yio Chu Kang Pool Complex(★★★★☆)Pool of the Year♪
  場所:Yio Chu Kang(NS15)駅下車すぐ

  レポ:2007年10月

  駅からも見えると思いますが、テニスコートの奥側に入口があります。
  立地・設備・客層よし、更衣室が隠微・・個人的には、限りなく5★に近いです。ポイントはどこでもそうですが、
  格言どおり「ビーチベットあるところにオカマあり」50Mプールの奥に陣取っているのが100%仲間です。
  帰りがけロッカールームに腰をかけてたたずんでいると、競パンマッチョ兄貴がおもむろにシャワーブースに入り、
  体を洗い始めると、死角を利用した、こちらに向かって泡ダンスwithアイビームで挑発開始・・・
  不覚にも、ふらっと行きそうでしたが、こちらは着替えも完了しておりそーいうわけにも
  行かず、わざとらしく入口で待ち伏せしてたら、お持ち帰えられましたとさ。
 

--------------------------------------------------------------------------------

投稿者:勝雄 投稿日:2007/04/15

デルタとヨーチューカンのプールへ行ってきました。本当にたくさんのゲイがいました。
更衣室に入るや否や視線が顔と股間に集中します。結構みんな見せ付けているように着替えたりシャワーを
浴びたりしていました。プールサイドにはビキニの水着を着たゲイが沢山!!
そこでも視線が飛び交っているのですぐに分かりました。ただし監視とカメラがあるのであまり派手な行動は
出来ないと思われます。モッコリ好きにはたまらないところだと思います。
ヨーチューカンの方が郊外にあるので環境がよいと思われます。どちらも駅から見えるので、すぐに分かるとおもいます。
また行きたいです。

--------------------------------------------------------------------------------

投稿者:はち 投稿日:2004/05/24(Mon) 00:48

シンガでは公営のプール2か所に行きました。聞いたところ、コミュニティーにある体育館に併設されて
プールやジムなどがあるそうです。まずひとつ目は空港の近くのベドックという地区にあるプール。
更衣室兼シャワーには仕切りがなく、みんなブラブラさせていましたよ。ふたつ目はホテルの人に教えてもらった
デルタという地区。ここでは焼いてる人がほとんど。お互いチラチラ見たり見られたり。競パンの中に
手を突っ込んで挑発されたり。でもそれ以上のことはありませんでしたが…。ここの更衣室は鍵が閉まるように
なっていましたが、みんなドアを開けたままシャワーしていました。なんでだろ。

--------------------------------------------------------------------------------

マラライオン 3 May 2002 10:13:20  

ホテルニューオータニの向かえのリバーバレースイミングプール(公共のプール)へ行った。
ここには過去に何度か行ったがゲイの発生率が高いようだ。
(ノンケもあわせて競パン率がほぼ100パーセントなので競パン好きにもたまらない場所だ)
ゲイが多い時間帯は土曜、日曜の晴れた午後又は平日なら19時前後くらいが多く感じた。
発展ポイントは更衣室やその中のトイレので実際小便をしていたら横に立って自らのモノを
勃起させたりさわってくるやつもいた。
営業時間は午前8時くらいから午後20時30分頃までで入場料は1ドルちょっとぐらいかな。
タクシーで行くならホテルニューオータニもしくは大丸(デパート)リバーバレーロードで通じると思う。
リバーバレーロードをはさんで向かえ側にある。(信号がないので歩道橋からわたる)

--------------------------------------------------------------------------------

Ken 4 May 2002 11:32:21 

自分は、わざわざちょっと郊外のカトンパークスイミングコンプレックスという、公共のプールに行ってました。
ここも料金は一緒で、夜は9:00位までやってたんじゃないかな。ちよっとしたリゾート感覚が味わえます。
今はどうか知りませんが、夜遅い時間になると、近くのカトンパークがハッテン場になってました。
カトンパークホテルの目の前です。トイレがあるんですが、その中とか周りに集まります。
2年位前なので、今はどうか知りません。

--------------------------------------------------------------------------------
マサヤ 24 Jul 2002 08:46:22 

プールにも行きました。これが実は自分としては一番のヒットでした(当初あまり期待していなかっただけに)。
自分が行ったのはDeltaプールです。多分公営のプールで、入場料も平日1ドル、週末は1.3ドルと格安。場所は、
MRTのRedhillから徒歩5分くらいのところ。ちょうど地下鉄が地上に出て右手に見えるのでわかりやすいです。
駅を出て高架の下を戻る方向に歩いていけばプールの脇に出ます。建物に沿って歩いていけば入場口です。俺は
金曜と土曜の午後に行ったのですが、一人で来ている男性の9割以上はゲイです。年配の人も稀にいますが、多くは
30代以下だと思います。水泳体型やジム体型の割合は少なく見積もって3割前後というところでしょうか。こういう
ところは誘い方が難しいですよね。やはり目線がポイントのようです。お互い何となく惹かれあったらあとは、ゲ
ートの外で何気なく待っていたりしながら、声を掛け合うようです。平日は2時前後がピークだそうです。また、夜
は9時過ぎまでやっているので、遅い時間帯も賑わっているとのことです。シンガポールで泳ぎがてらハッテン
(ハッテンしがてら泳ぐ?)というのもよいのではないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------

しんがねっと 30 Dec 2002 16:34:26 

夏以来のシンガポールでしたが前回ここに書いたプールについて書こうと思います。
料金が少しねあがって1ドル30セントになりました。前回はレッドヒルにあるプールに行ったのですが、
今回はヨー・チュ−・カンのプールに行ってきました。レッドヒルよりも綺麗でプールが3つ。
そのうちの1つは50Mプールで泳げます。ここもシャワールームには待ち伏せしている人がいました。
で、水着なんですが、日本で言う競パンハンケツはタブーです。今回いつも日本ではいている競パンをもっていったのですが、
はじめは見つからずに普通に日焼けをしていたんですが、ちょっと偵察にほかの場所に行って見ようかと思ってライフガードの
前を通ったら呼び止められて、怒られました。結局帰る羽目になってしまったのですが、まあそろそろ帰ろうと思っていたので
いいのですが、気をつけなければいけないみたいです。ライフガードは1箇所にたまって高台の所からみているだけなので
遠くにいればわからないみたいです。だからあんまちょくちょく動かないほうがいいということみたいです。