シンガポール

 

名前   ★観光客おすすめ 

詳細
Link

口コミ

HP
Link

特徴

Absolute

詳細

クチコミ

HP

towelclubの後を継ぐ人気施設!
お洒落な内装とイカした客層で盛り上がっています。

one seven

詳細

クチコミ

HP

集客力はシンガNO1! 2階構造の大規模施設
屋外ジャグジーやジム、カフェ もあります

  ★太&太め好きおすすめ
ShoGun

詳細

クチコミ

HP

太め&太め好きを中心に、幅広い客層が集まります 。
連日24時間営業で、宿泊も可能な造りになっています。

Fabulous BH

詳細

クチコミ

HP

BlueHeavenがリトルインディアに移転リニューアルオープン!
中華系の若い客層

  ★太&太め好きおすすめ
10mens Club

詳細

クチコミ

HP

チャイナタウンに移転オープン!
中華系の太め兄貴&おっさんが多い施設

  ★フケ&太め好きお勧め
Diamond Health Centre

 

クチコミ

 

一応ミックスらしいけど、どう考えてもゲイ施設
中華系のフケ&太めが集まります
Sultan Plaza 5F 100 Jln Sultan  MRT Bugis駅徒歩10分

    ★インド系好きおすすめ
Heater Room

詳細

クチコミ

HP

Rawが移転・リニューアルオープン
マレー系、インド系が多く集まりるディープな施設
お安い料金設定のゲストハウスも併設されています

Key Box

 

クチコミ

HP

新規施設 Bugisエリア

Hercules Club

 

クチコミ

HP

新規施設 Bugisエリア

raw 

 

 

 

閉店

Y Club

詳細

クチコミ

 

超超ローカルな小規模施設

towelclub

 

クチコミ

HP

閉店

口コミ情報をまとめて見る

クチコミ

 

  SHOP

SportsmenAsia.com

HP

チャイナタウンポイントにある、ゲイセレクトショップ
アンダーウェア、水着、Tシャツ等、衣類メインの品揃え
(エロDVDなどはありまへん)

  Bar / Club / Cruising  / etc

チャイナタウン/
タンジョンパガー

Bar/Club

タンジョンパガー周辺には、バーやクラブが集まっています。旅人が行きやすいのが 『PLAY』や『Taboo』 というディスコ、カラオケパブでは、ローカルな雰囲気が楽しめます。日付が変わる頃がピークタイム 。
マックスウェルフードセンターも必見(食?)スポット!

ラッフルズシティ

 

ショッピングセンターなんだけど、ほんとゲイだらけ・・・
ホテルに近い側の、2階(美容院横)&3階(タイレストラン手前)のトイレは、有名は発展スポット。
買い物好きな人は、このエリアに泊まると何かと便利です。

 

Superstar
Sunday

 

HP

シンガっ子・日曜夜の必須スポット

Clarke Quay の「ZIRCA Mega Club」で毎週日曜夜に開催されている大規模ナイト♪

日付が変わってからが盛り上がりタイム。Clarke Quay駅から徒歩5分、City Hall や Chaina Townエリアからも徒歩圏内です。

※St James から場所が変わりました

プール

Pool

常夏の国、1年中泳げることもあってプールもお盛ん!
お昼前後の比較的早めの時間から人が集まります。

Men'sマッサージ

クチコミ

Men'sマッサージ や エステ 出張サービスもあります。

シンガポール・ホテル選び 

順次追加中!
エリア情報・おすすめホテル紹介

Hotel

クチコミ

 

10年近く前はゲイ不毛地帯で、男遊びの為に、わざわざ国境を越え ジョホールバル(マレーシア)まで行ってたりしていたのですが、今ではすっかり東南アジア・ゲイシーンの中心的存在。サウナ、マッサージ、クラブ、バー、発展プール と一通りの施設が揃っています。ゲイシーンの中心は、Chinatown・Tonjong Pagar エリア一極集中、このエリアに宿泊すると、どこも徒歩圏内で、ストレスの無いゲイトラベルが満喫できます。

■ピーク

週末の午後〜深夜、施設によってはクラブ・バー帰りのお客さんで、深夜〜明け方でも楽しめます。
また平日でも曜日イベント等が組まれているので、夕方〜夜であれば、そこそこ人はいます。

ただ、日曜だけは要注意。どこの施設も引けが早く、遅めの時間は閑散としているか、もしくは閉店します。
日曜は、夕方にサウナ入場 → 20時〜21時にOUT→ 夕飯 → St James Power Station に繰り出す。
というのが若いシンガっ子の定番コース。それにあわせて行動すると、旅人も楽しめます。
 
■サウナ入場料

10S$ 〜25S$ + 会員登録料 10S$前後 
同じ施設でも曜日・時間によって、料金が細分化されています。週末の夕方〜夜が高めの設定。  
平日&週末の深夜帯が安め設定になっている施設が多いです。 施設によっては、若者割引、学生割引、
軍人割引、回数券、期間パス(3day、1week等)もありますので、賢く利用するとお得に楽しめます。

■為替/物価 【
SGDJPYチャート

通貨単位はシンガポール$。 ※2008年10月現在:1S$=約70円  モノの物価は日本と同程度。 
食べ物 や マッサージは、日本よりちょい安め。タクシーは安いので気楽に乗れる。
両替は日本よりも、シンガポールに着いてからした方が断然レートが良い 。また、空港よりも市内に沢山ある両替商の方が、若干ですがレートが良い場合が多いです。ATMもどこにでもあります。

■サウナお作法

初回は受付で会員登録を行うのが一般的。簡単な入会申込書を書き、会員書を発行してもらい
入館料+会員登録料を支払って入場です(2回目からは会員証を提示して、入場料だけ支払えばOK)。
受付ではタオルとロッカーキーを受け取り、ロッカーでタオル腰巻きスタイルに着替え、クルージング開始。
全裸Day や アンダーウェアDay 、若者無料 or 割引き といったイベントを開催している施設も多いです。

コンドームやジェルの有無は、施設によって異なっています。 また穴洗浄は殆どの施設で可能です。
退館時には、ロッカーキーを受付で渡し、会員証を忘れずに受け取って下さい。

■お誘い

いける相手と、アイコンタクトして 個室 や 奥まったスペース に誘い込む というスタンダードな手法。
また暗めにつくられている施設も多いので、その場合はロッカーやシャワーで、休憩しがてらタイプをチェック
タイプがいたら、アイコンタクトして発展ゾーンに誘い込んで・・・ガバチョ! という手法が通じます。
 

■シンガポール人

多民族国家だけに、サウナの客層も 中華系、インド系、マレー系とバラエティに富んでいます。
18歳から兵役があることもあってか、若い子でも、筋肉のしっかりついた身体をしている子が多いです。  
さらに、その後もしっかりジム通いをして、マッチョ体型をキープしている人が多く、マッチョ比率は、
日本と比べると高め。でも、併せて 太め・熊専カテゴリーも、認知されていているのも不思議な魅力。

ちょっと鼻が上を向いたイケブスが多いのもシンガポールの特徴。好きな人にはたまらないです。

マラサイズは、アジア平均レベルはあり、同じ中華系でも小マラだらけの香港とは異なっています。
またインド系人種になると、いっきにサイズが巨大化するので、サイズクィーンの人はお試し下さい。


■プレイスタイル

Hは日本人と感覚が似ているかな・・・前技&フェラそこそこ、乳首チチクリあいもして、バック 好きも
かなり多いです。ただしぃ〜〜 タチ:ウケ比率は日本以上に、まじウケだらけ!!!

プレイが始まって少したつと「 Are You Top(タチ)or Bottom(ウケ)?」と聞いてくる事が多いです。
日本人の場合、相手がウケなら状況によって、タチったりする場合もありますが、シンガっ子のすごさは、
I'm  BOTTOM!!!」と言い切って、ぜったいにタチらない強欲なウケが多いところ・・・
バリウケの人は、好みのタイプを探す事以上に、タチ探しに苦労を強いられる事になります。

ちなみにリバは「 Versatile(ヴァーサトル)」で通じます。


■シンガポールエアライン

世界的にみても、とても評判の良い航空会社。機体は最新型で、サービスは丁寧なアジア流。
機内ではお手製のシンガポールスリングが飲めます。お願いしたスタッフにより味が違うのはご愛嬌。
事前に席アサイン希望の場合は、シンガポール航空のマイレージプログラム”クリスフライヤー”に加入し 
旅行代理店での予約時に、この番号を伝えておけば、48時間前よりネット上で、チェックインできます。
他の航空会社へのマイル加算希望の場合は、空港での航空券発券時に、別番号に変更可能です。
日本各地からのアクセスも充実。これまた評判の良い、チャンギ空港 経由で、アジア他地域やヨーロッパへの 
フライトも多く飛んでます。空港内にはジムやプール、トランジットホテルもありますが、空港から市内へは
タクシーで15分程度で着きますので、数時間のトランジットタイムで街まで出る事も可能です。


■市内交通

MRT(電車)が発達しているので、殆どの場所への移動はMRTで可能です。MRT路線図
バスも充実しているので中距離の移動に重宝します。タクシーは何処にでも走っており、英語も通じサービス面も全く問題無しなので便利、お値段は日本に比べると格段に安いですが、それでもそこそこします。

シンガポールリピーター or 3泊くらいするのならば、ez-Link wiki)と呼ばれるICカードを持っておくと、MRT・バス利用がお得かつ格段に便利になります。ez-Linkは駅の窓口で購入できます(カード代 5S$+最低チャージ10S$)
 

 お勧めLINK

SGBOY

情報盛り沢山のゲイ総合ページ

Fridae

シンガポール以外の地域情報も充実

chubsg

太め・熊好きページ

sg wiki

wiki シンガページのGAY情報の充実度がすごい!